自宅で蜂の巣退治が必要になる場面~レンジフードに巣を作る理由~

台所が危険!蜂が寄り付きやすいレンジフードは蜂の巣退治が必要 台所が危険!蜂が寄り付きやすいレンジフードは蜂の巣退治が必要

料理をしない人は要注意!レンジフードに蜂の巣が!

キッチンの換気扇

料理をあまりしない家庭では換気扇の使用頻度が低くなるため、蜂の被害が心配です。気付いた段階でなるべく早めに蜂の巣退治を考えましょう。

レンジフードの中に蜂の巣ができた事例

中からブンブン音がしました(26歳/男性)

キッチンのレンジフード内からブンブン飛び回る音が気になって、どこから入ったのか不思議でした。殺虫剤を撒こうと思ってレンジフードを開けたところ、10匹くらい一気に出てきて驚きました。中に蜂の巣ができていると考えるととても怖くて、早く対処したいです。どうしたらいいのか分からないため、家に帰るのが嫌になります。

レンジフードに巣を作る理由とは?

1外敵から身を守りやすい
レンジフードの表面には覆いがあって入り組んだ形状になっているため、外的から襲われるリスクが低くなります。女王蜂にとって子育てしやすい環境と判断されると、何度も蜂にねらわれます。雨風をしのげるので暖をとりやすいことも一因で、蜂が好む環境が整っています。定期的に換気扇をまわすなど、予防策を考えましょう。
2使用頻度の低いレンジフードは都合がいい
換気扇を定期的に動かすと風が吹き込むため狙われる可能性が低くなりますが、一人暮らしの家庭は危険です。あまり料理をしないで換気扇をそのまま放置していると、人の気配も薄くなります。安心して子育てできる環境と判断すると、毎年繰り返し巣作りにやってきます。蜂の巣退治しないと中で繁殖してしまうため、専門業者に相談しましょう。

こんな様子があると台所が巣になっているかも…

巣の場所が見つかることを嫌うため、近くをフラフラ飛び回って帰るのが通常です。家の中で蜂を見かけたらからと言って、必ず換気扇に巣があるわけではありません。巣作りする場所を探しているケースもあるため、安易な判断は禁物です。レンジフードに巣作りの材料を持ち込む様子やどんどん数が増えていく様子が見られた場合は、蜂の巣被害を疑いましょう。

レンジフードの内部は見えにくい

人気が少なく入り組んだ場所ほど巣作りしやすい環境なので、レンジフードの奥の方に住み着きます。レンジフードを外して作業するのは大変なので、個人で対処するのは大変でしょう。蜂の巣退治業者に相談すると、安全に対応できます。台所に近い場所なので、殺虫剤を安易に使うのは考えものです。プロに依頼したうえで、ぴったりの駆除方法を検討しましょう。

難しい場所の蜂の巣退治は業者にお任せ

蜂の巣

蜂の巣退治業者はいろいろな事例を見てきているため、対応が難しい場所でも安心です。レンジフード内にできた巣もしっかり駆除できて、再発防止策を考えてくれます。24時間365日対応の業者に相談すれば、都合がいいときに来てくれます。役所では対応してくれない種類の蜂でも駆除してもらえる可能性が高いので、まず問い合わせをしてみましょう。

TOPボタン