蜂の巣退治が必要になるレンジフードの危険性

台所が危険!蜂が寄り付きやすいレンジフードは蜂の巣退治が必要 台所が危険!蜂が寄り付きやすいレンジフードは蜂の巣退治が必要

レンジフードから室内に入り込むことも…対処法を把握しよう!

レンジフードから蜂が入り込むケースもありますが、室内に入ってきたらどんな対処をとればいいのか見ていきましょう。

室内に入ってきた場合の対処法

レンジフードを通って蜂が入ってきました。追い出すにはどうしたらいいですか?
無理矢理追い出そうとはしないで、窓を開けます。昼間なら、室内の電気を暗くしてそのまま少し待ちましょう。虫取り網などで追い回すと攻撃的な蜂を刺激して危険なので、しばらく様子を見てください。小さな子どもがいる家庭なら、別の部屋に避難させます。安全が確認できるまで室内に入らないように教えて、部屋から蜂を追い出します。
逃げるときの注意点はありますか?
驚いて大声を出したり手を叩いたりすると、蜂を刺激してしまいます。とにかく一旦落ち着いて、腰をかがめるように体勢を低くして移動しましょう。蜂の視界は狭いので、下のほうは意識が向きにくいと言われています。そのため、刺されたら危険な首や頭などを守るように、床を這うようにゆっくりその場を離れてください。

刺された場合の危険性

刺された直後にはヒリヒリする程度でも、遅れてアレルギー症状が出るケースがあります。全身にかゆみや炎症が広がるだけでなく、血圧低下や呼吸困難などの症状を起こしやすいため気をつけましょう。だるさや悪寒、息切れなど重症症状が見られる場合はアナフィラキシーショックも心配なので、医師の判断をあおいでください。

刺されたときの対処法

針が残ったままだと毒がまわってしまうので、なるべく早く取り除きます。毛抜き、ピンセットなどで先端をつまんで、すっと引き抜くように動かします。針を抜いても毒が残ってしまうため、患部をしぼるように血を抜く、もしくは専門の吸引器で吸います。尿をかけると雑菌が繁殖しやすいため、清潔なタオルなどで冷やしましょう。応急処置した後には蜂の巣退治業者に相談して、レンジフード内を含めた室内をチェックしてもらうと安心でしょう。

TOPボタン